じんくんのWEB日記


by jinkun_40
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「分かってもらうことをあきらめた日々」

b0039295_2103464.jpgこの写真は小学生の低学年くらいかな?
かわいいでしょ。 (笑)

自分は母の前で高校時代に一度だけ、ギターの弾き語りをしたことがあります。
「花言葉」という歌です。
母が「この歌は○○の歌だね。」と聞き終わってから言ってくれました。
○○のところの言葉は覚えていませんが、受け止めてくれたように感じて嬉しく感じました。

この事をこの前ドライブしながら、思い起こしました。
そして思ったのは、自分は母から受け止めてもらった体験が少なかったのかもしれないなと言う事です。
だから、歌の感想が今も残っているのかもしれないと思います。

母は夫(私の父)の機嫌をいつも気にしていました。
父は怒ると大きな声を出す人でした。 
そんな父を怒らせないようにと母はしていました。

母がなくなる少し前に、僕は救いの証を読んでもらったことがあります。
それに対する母の応えは、
「お父さんが生きている間はお父さんの嫌がる事はできないよ。」ということでした。
(歪んでいる関係だよね。)

父は積極的に僕の気もちを否定していました。
母は消極的に僕の気もちを否定していました。

たとえば、中3の時に父に逆らって僕は髪の毛を伸ばそうとした事があります。
その時に、父ははさみをもって僕の上に馬乗りになり、力ずくで僕の髪の毛を切りました。
その時、母は何も言いませんでした。

父の事も辛い出来事でしたが、母が何も言ってくれなかったのも僕には辛い経験だったように思います。
ただ、母は自分自身が父との事で不安で、僕の気持ちがたとえ分かっていたとしても受け止める余裕がなかったんだろうと想像しています。

こんな両親の元で育った自分の中にはある一つの確信がありました。
それは
「どうせ誰も自分の事なんか分かってくれない。」
という思いです。
そして
「人から分かってもらうことをあきらめる。」
そんな決心をしていたように思います。

分かってもらえない辛さを感じたくないから、人に期待しない。
分かってもらおうとして期待して後でがっかりしたくないから。
だから、あまり説明をしないで
「ほーら、やっぱり分かってくれないじゃないか。」
と思って自分を守ろうとしていた事が多くありました。

1~2年前にこの事に気が付いて、この「内なる誓い」を断ち切るお祈りをした事があります。

今でもそんな思いがやって来る時がありますが、気が付いているのでその嘘に騙されないように注意しています。
[PR]
by jinkun_40 | 2006-01-30 21:45 | 日記